トップページ
 
クリーニングを出す前に注意したいこと
 
(1) ポケットの中をよく確認しましょう。
  スーツの上衣なら普通でも6ヵ所、ズボンに4ヵ所のポケットがあります。
なかには、つい見落としがちなポケットもあります。
ボールペンなどが残っていると、思わぬ事故になるので注意しましょう。
 
実際にあったコワ〜いお話
背広のポケットに入っていた100円ライターが、タンブラー乾燥中に爆発を起こすという惨事がありました。
クリーニング店に出す前に、ポケットの中に忘れ物がないかどうか確認することと、通常クリーニング店ではポケット掃除を行うのですが怠ってしまったこととが重なったためです。
   
(2) 上下揃いの組合せの服(スーツ等)は、微妙な色や光沢の違いでも、とても気になるものです。
洗い上がりを均一にするため必ず一緒にクリーニングに出しましょう。
   
(3) ちょっとしたほつれや傷でも、クリーニング中に大きく広がってしまう可能性があります。
特にアクリルニットのキズなどは、構造上大きく広がってしまいます。
よく点検して繕っておきましょう。
取れそうなボタンは付け直しておきましょう。
   
(4) 高価なボタンや飾りボタンは、ヒビが入ってしまったり、壊れてしまう可能性があります。
取り外してからお出しください。
   
(5) シミは、ついたモノや時期などによって処理がそれぞれ異なります。
必ず事前にシミの場所や原因をクリーニング店に伝えましょう。