トップページ
 
プロが教える洗濯の知恵
 
1.洗う前に
(1) ポケットのゴミ、枕カバーの毛髪などは特に気をつけてホコリを取っておきましょう。
(2) 破れ、ほつれ、取れそうなボタンなど痛んでいる個所は修理しておきましょう。
(3) ベルト、ブローチなど付属品は忘れずに取り外しておきましょう。
(4) 品物によって、寸法を計ったり、型をとっておきましょう。
(5) 初めて洗うものは、目立たない個所で染色が落ちないかどうかを調べましょう。
(6) 洗濯ネットや、糸くずクリーナーを用意し使用しましょう。
2.洗うものを分ける
(1) 繊維の種類別に分けましょう。
(2) 薄地の織物や、編物などからできている品物を、他の品物と分けましょう。
(3) 白物・淡色物と、色物・柄物とに分けましょう。
(4) 「洗剤で洗えば何でもきれいになる」と思ってはいけません。
ちょっとした手間を面倒がると、結局余分な手間が掛かることにも成りかねません。
汚れのひどくないものと、ひどいものに分別して洗濯をしましょう。
3.石鹸・合成洗剤の使い方
洗剤は、たくさん使ったからといって、汚れがよく落ちるというものではありません。
表示されている標準使用量を見て使いましょう。
石鹸の種類 液性
石鹸 固形 弱アルカリ性
粉末
合成洗剤 粉末 弱アルカリ性
中     性
液体 弱アルカリ性
中     性
【石鹸の使い方】
石鹸には固形石鹸と粉石鹸がありますが、洗濯機洗いには粉石鹸が便利です。
粉石鹸は、一度に洗濯機に入れると溶けにくいので、洗濯機を回しながら少しずつ入れて溶かします。
必要量を別の容器に入れお湯を注ぎ溶かし、それを洗濯機に入れるのも良い方法です。
粉石鹸は、液温が20度くらいであれば洗浄力を発揮します。
30度以上あればさらに効果的になります。
冬には水道水は5度位まで下がることがありますので、お湯を加えるか、風呂の残り湯を利用します。
冬以外でも風呂の残り湯を利用すれば、洗浄効果が上がるのは言うまでもありません。

【合成洗剤の使い方】
溶けやすいので石鹸のように溶かす必要ありませんが、洗濯物の上から振りかけると、色ムラの原因になります。
水に良く混ぜてから使いましょう。
4.繊維別の洗い方
(1) 綿・麻
  石鹸か弱アルカリ性合成洗剤を使います。
染色の弱いものは中性洗剤を使って冷水で洗います。
(2)
  中性洗剤を使って、40度以下でつかみ洗いか、軽くブラシ洗いをします。
染色の弱いものは、洗液に酢を加えて手早く洗います。
(3)
  手で軽く押し洗いをする程度で、洗濯温度は洗いからすすぎまで、30度から40度を保ってください。
強い揉み洗いは縮みの原因となります。
洗剤は中性洗剤を使用します。
(4) レーヨン・キュプラ・ポリニジック
  石鹸か弱アルカリ性合成洗剤をぬるま湯に溶かして中で、押し洗い/つかみ洗い/ブラシ洗いなどをします。
(5) アセテート・トリアセテート
  中性洗剤を使って40度以下で、押し洗い/つかみ洗い/ブラシ洗いなどをします。
石鹸やアルカリ性の洗剤は禁物です。
(6) ポリエステル
  石鹸か弱アルカリ性の洗剤を使います。
再汚染しやすいので、汚れのひどいものと一緒に洗ったり汚れた洗液で洗わないでください。
(7) アクリル・アクリル系ニット
  風合いを損なわないよう中性洗剤を使い40度以下で、押し洗い/つかみ洗いをしてください。
5.すすぎ方
すすぐ前に脱水機にかけ、洗剤をある程度除いておくと、効率よくすすげて、節水にもなります。
洗濯機の溜め水すすぎ(バッチ式)では、石鹸は3〜4回、合成洗剤は2回(各3分間)水を取り替えます。
石鹸を使用したときは、すすぎにもお湯を使うのが良いでしょう。
そして、すすぎの最後に酢を盃1・2杯入れると、一層効果的です。
流しすすぎ(オーバーフロー方式)の場合は、流している水の量によって多少の違いがありますが、5〜6分を一応の目安にします。
どうしても水を多く使いすぎるので、注意が必要です。
6.脱水
強い手絞りは生地を傷めやすいので、綿など丈夫な生地だけにしてください。
毛/絹/レーヨンなどの製品や、ニット/レースなどは押し絞りか包み絞りにします。
脱水機を使用する時は、絞りすぎないようにします。
絞りすぎるとシワが直らないので注意が必要です。
脱水時間は、薄地物は短く、厚地物は長目に。
合成繊維製品は10〜20秒位、綿製品は1分位を基準にします。
薄地物やニット製品は、タオル等にくるんで脱水機に入れると良いでしょう。
7.干し方
干す時にも繊維の性質や染色のことを考えて、干す場所、干し方などを変えてください。
絹、毛、ナイロンなどの製品や、日光に弱い色物は日陰に干します。
乾いたら早めに取り入れるという衣類への思いやりも忘れないでください。
8.糊つけ
温度(℃) 繊維
180〜200 綿/麻
160以下 ビニロン
150〜160
150以下 プロミックス
140〜150 レーヨン/ポリノジック/キュプラ
130〜140
130以下 ポリウレタン
120〜130 ナイロン/ポリエステル/ポリクラール
120以下 アセテート/トリアセテート/アクリル/アクリル系/ポリプロピレン
60以下 ポリ塩化ビニル
一般に家庭用として売られているのは合成糊と澱粉糊です。
糊はよく洗濯機にしみ込ませることがポイントです。
澱粉糊はしみ込みが悪いと、生地の表面に斑点ができてしまうことがあります。
また、澱粉糊はカビや虫食いの原因になりやすいので、長い間保存する場合は使わないほうが良いでしょう。
合成糊は家庭アイロン程度の温度なら大丈夫ですが、クリーニング店などで高温プレスすると、パリッと折れてしまうかと思うほど硬くなってしまいます。
クリーニング店に出す機会の多いものには使わないほうが良いでしょう。
それ以外の場合でも、3回に1度位の使用が適用でしょう。
9.柔軟仕上げ
たびたび洗濯するメリヤス肌着やタオルなどは、次第に肌ざわりが悪くなってきます。
またアクリルセーターなども洗濯によって風合いが変化します。
このような品物は、柔軟剤を使えば、元通りのふっくらした風合いを取り戻すことができます。
柔軟剤は、洗剤と一緒には使えません。
洗濯後よくすすいでから処理します。
処理時間は3分で十分です。
使用量は、表示されている標準使用量以上入れる必要はありません。
柔軟剤処理したものは、脱水機にかけても効果は変わりません。
柔軟剤は静電気防止効果もありますから、空気の乾燥している冬には、合成繊維製品の帯電防止用としても用います。
10.漂白
家庭で使う漂白剤には、塩素系のもの、酸素系のもの、それにハイドロサルファイトがあります。
繊維により適・不適があり、繊維が傷んだり、色物には使えないものがあるので、注意事項をよく読んで使ってください。
使用量や時間/温度/容器などは、漂白剤に表示されている指示を守りましょう。
漂白剤を使用した後は、よくすすいでおくことが必要です。
漂白剤の種類と特徴は表の通りです。
タイプ 主成分 色物衣料 使ってよい繊維 使えない繊維
酸化漂白剤 塩素系 次亜塩素酸ナトリウム
(強いカルキ臭がある漂白剤)
× 綿

レーヨン
ポリエステル
ビニロン
ポリ塩化ビニル
アクリル


ナイロン
ポリウレタン
樹脂加工品
酸素系 過酸化水素水
いわゆるオキシドール
どんな繊維でもよい  
過ほう酸ナトリウム
過炭素ナトリウム
毛・絹以外の繊維 毛・絹
還元漂白剤 ハイドロサルファイト × どんな繊維でもよい